JCF MTB 全日本選手権

FrontPage

INFORMATION
全種目大会結果が随時更新されます

2016年大会スタートリスト公開

■駐車場利用時のお願い
富士見パノラマのアスファルト駐車場は全面ペグ打ち禁止です
*アスファルト破損 水道管破損など深刻な問題ですので十分にご注意ください

取材申請に関するお知らせ

■参加申請いただいている競技者の中で、チーム登録が完了していない方がおられます。至急完了いただくようにお願いいたします。=参加資格のない方は参加 できません。
*キッズレースに各登録は必要ございません

参加にあたり今一度こちらのご案内をご確認ください

■2016.6.8
2016年大会の概要等発表
募集開始

参加クラスと参加資格に関して
2016年の全日本選手権は、チーム登録の際選択したクラスにのみ参加資格が与えられます
*全日本だけマスターズといった選択はできませんのでご注意ください
*全日本選手権はXCO 男子U23 女子U23クラスが開催されます
2016年CJエリート登録者でU23の有資格者のみが参加できます

■2015.7.18
19日開催のクロスカントリー競技コースマップをXCページに更新しました
練習時からの変更点、フィード位置など記載しておりますのでご確認ください。

本日のダウンヒル競技結果

■2015.7.17
・コミュニケ発表9:10
ダウンヒル・トレーニング(全クラス)は12:30~16:00に変更された。
タイムドセッションはキャンセルとした

・コミニュケ発表7:40
本日17日のダウンヒル競技の公式練習時間を10時からとする
以降は発表のスケジュール通り進行予定です

■2015.7.16
■明日7月17日より搬入される業者様へ
下記の通りブースエリアを配置しましたが、会場では昨夜より雨が続き、各コマを記した白線が流されほとんど認識できない状況です。
ご到着されましたら、おおよその位置に駐車し、正確な場所は大会本部でご確認をお願いいたします。
■持ち込み洗車機による洗車場所は 下記マップの通り旧トイレ付近の土手です。
駐車場に泥水が流れ出ないようお気を付けください

■2015.7.14
アンチドーピングに関するお知らせ
全ての参加者は下記アンチドーピングに関する書類をご確認ください
ドーピング検査について
検査室設置場所
注意事項
接種医薬品リスト
記入例接種医薬品リスト
■2015.7.13
クロスカントリー ダウンヒル各コースマップを公開しました
*コースはカテゴリーによる分岐の設定
天候や路面状況による変更の可能性もありますので、
大会期間中は大会本部コミニュケを確認してください
■2015.7.13
大会の公式トレーニングはすでに発表済みの時間となります。
クロスカントリー競技において16日金曜日は、通常営業のコース走行は可能ですが大会に向けての一部準備作業部分については走行できません。
■2015.7.09
会場マップ 駐車可能エリアなどご確認ください
画像の説明
■2015.6.23
本大会の申し込みを締め切りました
■2015.6.11
大会期間中の駐車場規制に関しまして
会場マップをご覧ください
■2015.6.11
開催クラスにおいてXCO女子マスターズが抜けており、本日追加訂正いたしました。
該当の選手、関係者の皆様にお詫び申し上げます
■2015.6.2
参加クラスと参加資格に関して
2015年の全日本選手権は、チーム登録の際選択したクラスにのみ参加資格が与えられます
*全日本だけマスターズといった選択はできませんのでご注意ください
全日本選手権はXCO U23クラスが開催されますので、該当選手はこのクラスにお申込みください(*エリートでは出走できません)
■2015.6.2
本年のMTB全日本選手権のウェブサイト公開、エントリー、ブース申込み受付を開始しました

お願い
事前申し込みをされた出展社以外、大会会場及び会場駐車場で無断のプロモーション行為、商業行為を禁止します 発見次第ご退場いただく場合もございますので、予めご了承ください

開催概要

第29回全日本マウンテンバイク選手権大会
兼 2016マウンテンバイク世界選手権代表候補選手選考会

1 主催 公益財団法人日本自転車競技連盟
2 後援 公益財団法人JKA
3 協賛 富士見パノラマリゾート
4 協力 長野県自転車競技連盟、株式会社ダイナコ、一般社団法人MTBリーグ
5 期日 2016年7月15日(金)~7月17日(日)
6 会場 富士見パノラマ・リゾート
399-0211 長野県諏訪郡 富士見町富士見6666-703番地
TEL:0266-62-5666
7 実施種目 ダウンヒル(DHI)、クロスカントリ・オリンピック(XCO)
8 カテゴリ    UCI/JCF カテゴリに従い下記のカテゴリで実施する。
全日本選手権大会
男子エリート,男子 U23(クロスカントリーのみ),男子ジュニア,男子マスターズ,男子ユース
女子エリート,女子 U23(クロスカントリーのみ),女子ジュニア,女子マスターズ,女子ユース
Coupe du Japon
男子アドバンス、男子チャレンジ、女子チャレンジ
*各クラスに於いて最低 2 名以上のエントリーがない場合は当該クラスは行わなず統合等を行う。
9 開催日程 大会スケジュール
10 競技規則 2016年版公益財団法人日本自転車競技連盟競技規則および大会特別規則による
11 参加資格 日本国籍を有し、公益財団法人日本自転車競技連盟または 国際自転車競技連合(UCI) 加盟国連盟におい て本年度有効な登録競技者であり、各クラス参加資格のある者。(JCFチーム登録等) チャレンジ、アドバンスにおいては国籍は問わない
12 UCIランキング 当大会は国内選手権として、UCI規則Chapter VI UCI Ranking 6.6.001により下記のポイントが与えられる。
画像の説明
13 表彰 クロスカントリ・オリンピック 男女エリート、U23、ジュニア、マスターズ、ユースの1、2、3位を表彰する。 ダウンヒル 男女エリート、ジュニア、マスターズ、ユースの1、2、3位を表彰する。 クロスカントリ・オリンピック 男子チャレンジ,アドバンス、女子チャレンジの1、2、3位を表彰する。 ダウンヒル 男子チャレンジ,アドバンス、女子チャレンジの1、2、3位を表彰する。
表彰式には各カテゴリ上位者が出席

14 申込方法 ウェブエントリーのみ  2016年6月22日(水)締め切り
参加申し込みはこちらから
    
15 参加料 競技者1名につき、8,000円を申請時に納付する。
ダウンヒル競技におけるゴンドラ乗車費用は別途必要。
受け付けた参加料はいかなる理由においても返却しない。

16 ドーピング検査について
(1) 本競技会は、日本ドーピング防止規程に基づくドーピング検査対象大会である。本大会参加者は、大会にエン トリーした時点で日本ドーピング防止規程に従い、ドーピング検査を受けることに同意したものとみなす。
(2) 未成年者(20歳未満)の参加申込みにおいては、上記のドーピング検査の実施についての親権者の同意書 の事前提出が必要である。
(3) 本大会参加者は、本大会において行われるドーピング検査を拒否または回避した場合、検査員の指示に従わ ない場合、帰路の移動等個人的諸事情によりドーピング検査手続きを完了することができなかった場合等は、 ドーピング防止規則違反となる可能性がある。ドーピング防止規則違反と判断された場合には、日本ドーピン グ防止規程に基づき制裁等を受けることになるので留意すること。
(4) 前記に鑑み、すべての参加競技者は、危険、失格となった場合であってもドーピング検査対照となる可能性が あることから、参加競技者は自己の責任において、自身がドーピング検査対象として指名されているか否かを 確認すること。
(5) 摂取医薬品リストを、チームマネージャーズミーティング開始時までに提出すること。
(6) 日本ドーピング防止規程の詳細内容およびドーピング検査については、公益 財団法人日本アンチ・ドー
ピング機構のウェブサイト(http://www.playtruejapan.org)にて確認すること。
17 その他
(1) 2016年度有効な登録証をライセンスコントロール時に提示すること。
(2) ライセンス・コントロール時に、競技用ジャージを提示して確認を受け 、ゼッケンを受け取ること。 (3) 会中の疾病、負傷については、応急処置のほかは参加者の責任とする。
(4) 参加者は、健康保険証を持参すること。
(5) 申込書、注意事項等は必要に応じ随時 JCF ウェブサイトに発表する。
郵送での注意事項伝達は行わないので各自注意のこと。
(6) 参加申込書に記載された個人情報は、資格の確認及び会に係る諸連絡を行うほか、名、年、所属、競技成績、
競技歴、写真などをポスター、プログラム、コミュニケ等で掲載する等、新聞社などマスコミ関係各社に情報を
提供し、新聞等メディアに掲載される場合がある。
(7) 本会における肖像権は JCF に帰属する。
(8) チームマネージャーズ・ミーティングには競技者またはチーム代表者が出席すること。
(9) タイムテーブル、注意事項等はコミュニケとして必要に応じ随時掲示板に掲載 される。
(10) トレーニングには ライセンス・コントロール時に 配布されたハンドルバー・ナンバーを掲示すること .指定時間
外のトレーニングはできない。
(11) 競技途中で棄権する場合は、必ず近くのマーシャルかフィニッシュ地点の競技役員へ棄権する旨と自分のプ
レートナンバーを知らせること。役員より失格と通告された競技者は速やかにコース外へ出ること。
(12) 補給/技術支援ゾーンに入るチームスタッフは,容易に見分けられるチーム・ウェアを着用しなければならない。 (13) 競技者または自転車に、補給者またはメカニシャンが水をかけることは禁止される。
(14) トランスポンダは競技後指定場所に返却しなければならない.返却のなかった場合は 5,000 円のペナルティを
科す。
(15) ダウンヒルのトレーニング、予選,決勝において,バイザーつきのフルフェイスヘルメットを着用しなければならな
い。
(16) ダウンヒル競技中にマーシャルによる赤旗が振られるのを見た競技者は、直ちに停止すること。また停止後は
フィニッシュ地点まで進み、フィニッシュラインコミッセールに再出走を要求して次の指示を待つつこと。
(17) 表彰式においては、競技用ジャージを着用し、無帽、ヘッドバンド・サングラスなしで、臨まなければならない。
(18) 直近医療機関:
富士見高原病院:〒399-0214 長野県諏訪郡富士見町落合11100 0266-62-3030

画像の説明 この事業は競輪の補助金を受けて実施するものです

a:37496 t:26 y:43

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional